メリトクラシー論の(再)整理

 ネットを開けばメリトクラシーは諸悪の根源であるかのように叩かれているが、そうした批判においてメリトクラシー(あるいはその弊害)と名指されているものが果たして同じものなのかと言われれば、はなはだ怪しいように思われる。誰もがメリトクラシー批判を行い(そうすることで連帯し)ながら、そこで批判されているものの内実が異なっているとしたら、健全な議論は望めないだろう(早晩、エコーチェンバーの範囲を区切る装置として機能するようになるはずだ)。

続きを読む

10分でわかる日本のメリトクラシー(≒学歴社会)研究史

 誰もが教育や学歴について語りたがるが、教育や学歴の研究が参照されることは少ない。そして参照軸を失った教育語り、学歴語りは、まるっきり同じ論点について堂々巡りを繰り返す。あらゆる領域に当てはまることだが、教育においては特に、とっくの昔に解決した論点や、提唱されていた主張が、ゾンビのように(さも新しいものかのような顔をして)よみがえってしまうことが多い。

 とはいえ、ここで時間も能力も有限な普通の人間に、「最低でも新書3冊読んでから喋れ」とか、「この論文くらい読んどけ」とかと言うのは、ほとんど「黙れ」と言っているのと同じだ(新書ぐらい誰でも楽に読めるだろと思ってるなら、認識を改めるべきだろう)。

 ということで、この記事ではメリトクラシーに関する教育社会学の超有名な(記念碑的)研究を乱暴に要約し、ダイジェスト式に紹介していく。筆者は素人なので、研究の妥当性を判断する(できる)立場にないし、要約の仕方も雑である(というか怖いもの知らずの素人だからこそこういう記事を書いてるのだけど)から、そこらへんは一応了承しておいてほしい。*1

*1:本記事はあくまでメリトクラシー研究史」の概説なので、データを基に日本のメリトクラシーの現状を示すようなものではない。そちらに興味がある読者は、松岡亮二『教育格差』ちくま新書、2019をどうぞ。

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その0/総合目次)

 そもそもシントピコンについて知らないという人はこちらを読んでほしい。 

kozakashiku.hatenablog.com

 

 シントピコンの心臓部は「シントピコン索引」(References)だが、これは102個のアイデア=大項目にぶら下がった各トピック=小項目について、そのトピック=小項目を取り上げたGreat Books収録作品内の箇所を参照指示するものとなっている。

 その各アイデア=大項目ごとにトピック=小項目をまとめたのが「トピックの見取り図」(Outline of Topics)である。

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その10)

 本記事では、アイデア=大項目の91~102までの「トピックの見取り図」の和訳を載せている。

 詳しい説明はこちら。

kozakashiku.hatenablog.com

 

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その9)

 本記事では、アイデア=大項目の81~90までの「トピックの見取り図」の和訳を載せている。

 詳しい説明はこちら。

kozakashiku.hatenablog.com

 

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その8)

 本記事では、アイデア=大項目の71~80までの「トピックの見取り図」の和訳を載せている。

 詳しい説明はこちら。

kozakashiku.hatenablog.com

 

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その7)

 本記事では、アイデア=大項目の61~70までの「トピックの見取り図」の和訳を載せている。

 詳しい説明はこちら。

kozakashiku.hatenablog.com

 

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その6)

 本記事では、アイデア=大項目の51~60までの「トピックの見取り図」の和訳を載せている。

 詳しい説明はこちら。

kozakashiku.hatenablog.com

 

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その5)

 本記事では、アイデア=大項目の41~50までの「トピックの見取り図」の和訳を載せている。

 詳しい説明はこちら。

kozakashiku.hatenablog.com

 

 

続きを読む

シントピコンの「トピックの見取り図」を和訳してみた(その4)

 本記事では、アイデア=大項目の31~40までの「トピックの見取り図」の和訳を載せている。

 詳しい説明はこちら。

kozakashiku.hatenablog.com

 

 

続きを読む